• 一戸建て購入時に確認しておくべきことについて

    • 新築の一戸建てを購入するときには、申込みをする前の段階において、不動産業者の担当者に試算をしてもらうことによって、購入のための資金計画の確認は済んでいるものと思われます。

      ただし、購入の申込みをしたときには契約に向けて事態は進展していますので、資金計画について問題が発生していないか確認しておくことが重要と言えます。

      中でも最も重要な点と言えるものが、住宅ローンの申込条件の確認と媒介手数料として支払うべき金額があります。

      一戸建て購入のための住宅ローンを受けるときには、その審査は借り手にとって条件が良いものほど審査の内容が厳しくなる特徴があります。そのためにいくつかの金融機関の住宅ローンを比較して、借り入れを断られたときに別の金融機関のローンの申込みをするように、いくつかのサービスに対して申込みをしていけば、そのうち融資先を見つけられる可能性がありますが、その場合の融資条件が厳しくなることも考えられます。
      住宅ローンは長期間にわたって人生に関係してくる問題になりますので、どのような条件でも融資を受けられれば良いと思わずに、条件をしっかりと確認をして契約を続行するのか、借り入れをやめるのかの基準を決めておくことが大切なこととなります。
      一戸建て購入時における媒介手数料については、住宅購入のときに必要になってくる諸経費の中でも大きな金額的な割合を占めるものと言えます。

      マンションを購入するときには媒介手数料は発生しないことが多いですが、新築一戸建てを購入する際には媒介業者を経由して契約を締結することが多くなることから、媒介手数料を支払うケースについて考えておく必要があります。

















  • 関連リンク

    • ポンプ交換を依頼するメリット

      生活に欠かせない水をくみ上げたりは出したりするポンプは、10年前後がポンプ交換の目安と言われています。10年を過ぎるころまで、メンテナンスをしながらポンプを使い続けている場合でも、修理を繰り返した場合でも、10年を過ぎる頃には、本体自体が劣化して、正常に使うことができなくなってくるのが普通です。...

    • 予防としてのポンプ交換

      住宅用に使われているポンプにはいろいろな種類があります。まずは給水用です。...