• 一戸建てを建てる時に気になる出費について

    • 一戸建てを建てるには、お金が必要ですが、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。



      まず、家を建てるには土地が必要です。
      地方では1000万円もあれば、広い土地を確保できるでしょう。



      一方、首都圏では、1000万円では土地が取得できません。



      それなりの家を建てるのであれば、3000万円から5000万円は必要です。



      もちろん、高級住宅街に住みたいのであれば、その何倍も費用がかかります。



      1億円を超えることの方が多いでしょう。このように、土地の値段はどこの地域に住むのかによって大きな違いが生じます。

      しかし、家を建てる際にかかる建築費用は、全国でも大差はないと言って良いでしょう。



      特に家にこだわり素材を使用しり、有名なデザイナーにデザインをしてもらわない限り、同じようなところから仕入れた素材を使っていますし、人件費の差を考慮しても、土地ほどの違いは生じないからです。



      一般的な建設費用は、1000万円から3000万円といったところでしょう。

      意外に差が生じているのは、内装のグレードや、設備に賭けるお金は人によって差が生じるからです。



      決して地域差による価格の違いという訳ではありません。


      以上のように、一戸建てを建てるためにかかる費用は、一般的なサラリーマンの年収をはるかに上回ります。せっかく大きな出費をして一戸建てを建てるのであれば満足したいですよね。

      したがって、内装やデザイン、施工業者の選択は慎重に行っていきましょう。

  • 関連リンク