• 壊れる前にポンプ交換をしておきたい理由

    • 一人暮らしでも大家族でも、生活していれば毎日水を使います。


      水をくみ上げたり、排出したりするポンプは、日常目にすることがないので、意識している人は少ないのですが、もしポンプが壊れてしまったら、とても大変なことになるので注意が必要です。

      まず、水を使うことができなくなります。
      水を使うことができないと、お風呂に入ることも、料理をすることもできませんし、トイレや手洗い、洗顔などもとても困ってしまいます。


      日常水を使う場面はとても多く、どれもがいっぺんにできなくなってしまうのでとても大変です。

      また、水を使うことができなくなる給水ポンプの故障だけでなく、水を排出することができなくなる排水ポンプの故障も、一回起きてしまうととても深刻です。排水は、汚れた水なので、漏れてしまうと、後始末がとても大変です。


      水を片付けるだけでは済まず、建材などを洗い直したり、交換しなければならない事態になることも多いのです。

      また、自分の家だけでなく、ご近所にも迷惑をかけてしまう可能性があるので、ポンプは、壊れる前に必ずポンプ交換をしておくことがおすすめです。
      ポンプ交換をする時期の目安は、10年です。

      内部の部品の耐久性は、3年から5年の物が多く、10年を超えて使い続けていると、途中でメンテナンスや部品交換をしていたとしても、次々と故障する可能性が高くなります。10年を一つの目安として考え、大変な事態になる前に、ポンプ交換をしておくことがおすすめです。

















  • 関連リンク

    • こんな症状が出たらポンプ交換

      ポンプの部品が劣化したり、摩耗してきたときには、水の出が一定しなかったり、変な音がしたりする症状が出たりします。空気が入り込んでいるような状態になったときも、ポンプの部品が傷んできていたり、正常に動作していなかったりすることがあるので、注意が必要です。...

    • ポンプ交換を依頼するメリット

      生活に欠かせない水をくみ上げたりは出したりするポンプは、10年前後がポンプ交換の目安と言われています。10年を過ぎるころまで、メンテナンスをしながらポンプを使い続けている場合でも、修理を繰り返した場合でも、10年を過ぎる頃には、本体自体が劣化して、正常に使うことができなくなってくるのが普通です。...